読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★puppetmouth’s blog★

清水エスパルスに関しての雑感。基本応援スタンス。遠方なので情報難民。素人なのでまったり更新。

J2第25節 vsジェフユナイテッド千葉

マジで最近忙しすぎて書けません。(言い訳)

千葉戦もサラっとしか観れてないのですが劇的な試合だったのでつい…。

やっぱりサッカーっていいな。現地に行かれた清水サポのみなさんおめでとうございます。

 

⬛︎流れ

千葉は前半532、後半は4バックでした。

最近532相手が多いですね。今までもこの試合も相手の532がすごく機能しているという感じはしないのですが…。

下手に攻めず体力を温存して後半勝負なんですかね…。

前半は清水、後半は千葉が主導権を握った試合でした。

 

落ち着いて考えると、目立ったのは、ミスや切り替えから決まるシーンが多かったことですね。

 

⬛︎ポイント1

まず、清水のボール回しのクオリティが下がってますね。(前半は回せてましたが。)

その主原因は運動量の低下。ボールホルダーの周りのサポートが減ってスムーズなボール回しができない時間が増えています。

夏場ということと、主力に疲れが溜まっていることが大きいように見えます。

また、全体が動けていない時も上手く切り替えられず動けているときのイメージのままやっている感じもあります。

結果を求められつつ上手く選手をローテーションして戦う必要があり、舵取りは難しい状況ですね。

 

確かにもともと走れないチームであるとは言われていて思われていたと思うんです。

小林監督のサッカーはうまくボールを回して相手を走らせることができると思うんで夏場向きだと思っていましたが、そこで違いを作る前に相手に流れを押し返されるという展開が目立ちます。

 

ボムヨンと二見を補強したのは、薄いポジションの補強という点に加え、試合終盤で推進力を出せる選手が欲しいという狙いがあるように思います。

守備の時にも、好調時に比べてSHのところでボールを限定できなくなっていることで全体が押し込まれることが多い気がします。

 

⬛︎ポイント2

これまでの相手と一番違ったように思うのは、清水の最終ラインへの千葉の駆け引きの圧が強かったという点です。

船山のランニング、町田の判断の早さとパス精度はさすが。

それにより最終ラインが若干落ち着かず、チーム全体が押し込まれたままセカンドを拾われるという展開が気になりました。

 

⬛︎評価

テセはゴールは当然ながら素晴らしいですが、全体が押し込まれると守備に戻っていた姿勢も素晴らしいです。

また、北川も持っているものを上手く出して勝利に貢献しましたね。2点目の起点となるクロスは利き足じゃない左。まあこのボール自体ののクオリティはともかく、今までもドリブルでは両足使えることを見せてくれていたことが繋がったと思いたいです。

白崎はここ最近明らかに疲れてますね。なんでもできるので外せないし、シーズンで考えると貢献度は高いんですが、試合の中では消える時間が増えています。1週間空くのでできるだけコンディションを戻して欲しいです。(逆転ゴールの少し前、相手にクロスされたシーンの後で上がれって感じで叫んでるのが印象的でした。)

河井も枝村も攻撃では相変わらず効いてましたね。

4点目は松原のリスキーなプレーが効きました。

逆に、前節の金子に続き石毛にはしっかり決めて欲しかった。夏場であること、リードしたときに相手をしっかり突き放すことを考えると特に。本来もっと楽に勝てるゲームだったと思ってしまうんです。

同じく、2失点目の杉山も止めて欲しかった。(いいセーブもありましたけどね。)

 

⬛︎これから

まだまだ状況は厳しいですが、自分は昇格という結果以上に、それに向かうチームの姿勢を見せて欲しいと思っています。

今後は、三島を補強した山雅が昇格争いの中心ではないかと思ってます。選手層を考えると札幌、C大阪、岡山の牙城を崩すのは厳しいですが、再三指摘される試合運びの拙さという部分をいかに克服していけるかですね。

 

最後に1つだけ。最近小林監督批判をちらほら目にしますが、自分はシーズンここまで見ていて小林監督はとてもいい監督だと感じています。もちろん全てにおいて万能ではないでしょうが、総合的に見て簡単に放してはいけない人材だと思っています。