読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★puppetmouth’s blog★

清水エスパルスに関しての雑感。基本応援スタンス。遠方なので情報難民。素人なのでまったり更新。

第6節 vs柏レイソル

デュークううぅううわああああああああぁぁぁかっけえええええええぇえええ

 

失礼しました。

取り乱しました。

以下努めて冷静にお伝えさせていただきます。

 

◼︎試合展開とレイソルのサッカー

だいぶ持たれて苦労しましたね。

ルヴァンで対戦した時もボール回しが上手いチームだなーと思って見てたんですが、柏のストロングは2CBのビルドアップ技術ですね。短いパスや判断の速さだけでなくフィードも上手かったです。

(もっともこの2枚は高さがないので、本来であれば相手を押し込んで空中戦で仕留めるのが理想なんですけど、そういう展開にはならなかったですね…。)

またそのルヴァンでスーパーゴールを決めた手塚も、左SBの輪湖もパス回しはうまかったですね。

 

というわけで、この試合の一番のポイントは柏のハイライン戦術だと思います。

 

柏の最終ラインが高いことに加え、後ろの技術が高いこと、ボランチ一枚が落ちてビルドアップに加わることから、清水はあまり前からプレスをかけるのが賢明ではない(かわされる)ため、無闇に追わず低い位置に留まる/押し込められる展開が続きました。

 

それに付随して、清水が跳ね返してもコンパクト(それは清水もといえばそうなのですが)にラインを保つ柏がセカンドを回収しやすい展開だったのもポイントの一つだったと思います。

 

また、柏はかなり前からプレスをかけてきました。特に中川と大津はかなり運動量を使って守備にも貢献していました。

(余談ですが、ディエゴオリヴェイラは思ったより守備するんですね。あとボールの予測が良かったです。攻撃面はほぼ完封できましたけどね。)

 

清水の狙いとしても、高い柏のラインの裏を狙ってフィードというのがありました。

 

ボランチにつけていったん落ち着けるよりも、前に蹴ったほうがリスク少なくひっくり返せるというのはありましたね。

「長いシーズンを考えてじっくり回すことにこだわれ」論者の筆者も、この試合に限っては縦に速い攻撃で良かったと思います。

 

よって、清水の攻撃は早く短く、柏の攻撃は手数をかけて、というのが余計強調されました。

 

なお、柏はクリスティアーノと大津をサイドに張らせていました。おそらく清水のSBは中に絞るのと、2CBのフィード精度がヤバいレベルなので、サイドで起点を作りたかったんでしょうね。実際サイドで起点を作るシーンは何回もありました。

面白いのは、清水の場合2CHの枝村白崎はどちらかというと中に絞ってSBがその外を回るシーンが多いですが、柏の場合は逆にSBがCHの中を走っていくシーンが目立つことですね。

ただし、柏はCHが持った後のコンビネーションがなかなか発動せず、後半に一度ワンツーから清水の左サイドを崩したシーンはありましたが、どちらかというとCHまでは届いてもそこからのサポートやパスコースがないというシーンも多くて、そのあたりが課題なのかなと思ってしまいました。

柏の枠内シュートはいずれもPA外からのミドルで、清水がややラッキーな形で先制したという展開のあやもあったとはいえ、ポゼッションの差の割に決定的なシーンの数では大差なかった気もしますね。

 

後半伊東を投入してからはほぼ戦術伊東で、実際になんとかされそうな雰囲気も感じましたが、清水は白崎が松原のお守りをしてあげたり、何とか粘って耐えました。

六平も地味に際どいところで何度か体を張ったクリアで助けましたね。

 

見ていて思ったのは、柏の中央への縦パスがキープ力の割に少なかったこと。清水が中を固めていたのも大きいですが、やっぱり、前半の中川の決定機や後半の大谷の宇宙開発のシーンなんかを見てると、いずれにも絡んだ大谷のプレイは結局大きかったってことですね。単純なミスも目立ちましたが、怖いプレーヤーであると思いました。

 

試合展開的には、前半の中川の決定機でやられていたら、まったく違う展開になったでしょうね。

 

そして、上述のように清水としては裏狙いがチームの意識の一つだったと思うわけなんですが、村田を早めに投入したのは当たりましたね。個人でスペースを突いて時間を作れると、実際にチャンスや決定機に絡むというだけでなく、柏の選手を全員高い位置から低い位置に動かせるという意味でも貴重な役割だったと思います。

 

枝村は前節の磐田戦(あ、レビュー書いてない…まあいっか)ではかなり相手に対策されていて時間を与えてもらえず苦慮していましたが、この日はまた違った意味で、というのも攻撃の時間が短かったので攻撃時のポジショニングという己の武器を使う展開になかなかならず、苦慮していました。そういった点からも村田の早い交代というのは効果的だったと思います。

※磐田戦は、最も大切である得点機でのプレイで集中を欠いて非常に悔しくもったいない試合をしましたし、枝村も輝けませんでしたが、内容は柏戦より良かったと思っています。

 

柏は終盤選手交代で4-2-3-1のような形にしたりしていたように見えましたが、システム変更自体はあまり効果はなかったように思います。

 

◼︎選手についての雑感

白崎については結構意見が分かれている…というか厳しい評価が多いように思います。

まず、上にも書いたように伊東への対応はじめ守備での貢献は相変わらず素晴らしいです。

また、バーに当てたシーンでは低い位置からかなりスプリントをかけてゴール前まで走っています。

そして、枝村やデュークなんかとは違って、フル出場してチームに貢献しています。

そういったこと諸々を考えると、今の白崎はかなり多くのタスクをしなければならず、正直大変な役回りであると思います。よって、そこは評価してあげなければならないと思います。

そして、白崎自身も「こんなに守備で走ってるのに」という意識もあると思います。

その上でですが、雑というか集中を欠いているようなプレイが見られるのは若干気になります。味方に要求するジェスチャーなんかも、要求することそれ自体や勝気な部分が見られるのは一流プレイヤーによくあることで、切り替えの儀式の一種と考えればまあいいんでしょうが、そもそも彼自身の判断の遅さや雑さでミスになっているのを、若干周りに責任転嫁している感が無きにしもあらず、という気がしてしまいます。

ということで、彼には期待も評価もしている分、もう一段上を目指して集中して謙虚にプレイしてほしいと思いますね。そうすれば報われると思います。テセがそうであるように。

 

あ、犬飼は鹿島戦では散々でここでも苦言を呈しましたが、磐田戦では素晴らしいパフォーマンスだったと思います。柏戦でも解説にお叱りを受けたシーンが1つありましたが、役割は十分に果たしたと思いますね。

小林監督も、交代も成功しましたし、良い方向付けをしたと思います。正直この日は、選手の力では柏の方が若干上だったかもしれませんが、監督コーチの力では清水が上回ったと言っていいと思います。

 

◼︎終わりに

今季の清水に楽に戦える相手は無いと思っています。大宮は試合を見る限り選手がロイヤリティや守備のハードワークをやや失っているような感じも若干ありますが、相手もプロなので結果が出ていない分怖さがあります。一度乗せてしまうと逆にいつも以上に張り切りそうですし。

この日のようにしたたかに戦って、勝ち点を挙げてほしいと思っています。

今回はあまりまとまりがないですが、この辺で。

第4節 vs鹿島アントラーズ

やはり実際に見ると鹿島は強かったですが、勝てるチャンスがあっただけにとても悔しいです。

 

◼︎勝負の分かれ目

観ていて思ったのは、「先制点の時間が早すぎる!」「2点目来た!行けるか?」「1失点目の時間が早すぎる!」「疲れて動けてないなー」ということでした。前半の時点からまじめに守備をしていて相手にかなり振り回されていたので、運動量的にかなりキツいだろうなと思いました。

今のチームは流れが悪い時は引いて守るというサッカーをしてきていて、結果論から言うと、縦に早い選手で流れを押し返すか、引いても弾き返せる選手で守りきるか、ということにはなると思います。

ただ個人的にはそれ以上にもっと丁寧に回さなければいけないと思っています。無駄に回せというのではなく、相手の流れを止める、運動量を削る、よりより選択肢を探す、ということです。そこがこの試合の一番の反省点だと思います。

目立ったのは、奪った後に縦に早いのはいいのですが、出す先の相手をしっかり見られていないまま簡単に前に出してロストするというシーンですね。

鹿島も、スペースの使い方や狙いは上手かったですが、後ろからのつなぎや崩しでは決して完璧というわけではなく、結構PJや鈴木のポストやキープ(とそこからのセカンド回収)に頼っていた感じもしています。

ただし清水の攻撃が単発で終わることで、守備に運動量を使わざるを得なかったという印象が残ります。

精度を一気に上げるのは難しいので、清水が次勝つには、全体としてもう少しスローペースなオフェンスプレイを多くするのが近道なんじゃないかと思ってます。

 

◼︎鹿島の強さについて

①展開の速さ、大きさ

ミドルレンジのパスの正確さやパススピードの速さが目立ちました。

・鹿島はセンターバック2枚が大きく開いていて(展開によって永木か小笠原が下りたりはしていましたが)、特に昌子のパスの判断、スピードの速さは目立ちました。これによって(そして対角線のフィードによって)地味にエスパルス側は左右にスライドを繰り返さないといけない展開でした。

・CB以外にも永木のミドルフィード、土居のミドルパス、狙いと正確さはさすがでした。

②前線の球際(守備力・技術)

清水のような勤勉さとは少し違うのですが、球際が強かったです。永木はもちろん、鈴木や土居も守備で相手からボールを奪う力があって、全員に球際の強さがありました。小笠原は相変わらずプレイの予測が素晴らしいです。危険なカウンターに発展するシーンは少なかったですが、ここでひっくり返されることでかなり守備の運動量を強いられました。

また、これまでだったら奪えたようなシチュエーションでなかなか奪えませんでした。強さや技術で微妙にかわされる、一度つついたボールを再び相手に回収される、取れそうだと思って寄せたパスで取れない、というシーンが多かったです。

③セットプレイのキッカーの質

結果的にはこれも大きな勝敗の分かれ目になりました。また、植田のヘッドはゴールシーン以外にも圧巻で、犬飼は今日は残念ながら完敗でしたね。

④交代選手の質

あれだけのスタメンを揃えておいて、交代選手に代表級が入ってくるなんて反則です。レオシルバはともかく、西が入って後半から鹿島の左高い位置でゲームメイクする場面が増えましたし、金崎が入って的が2つになりました。

⑤ハイペースなゲームへの慣れ

清水は適応するのに心身ともにパワーを使ったという感じでしたが、鹿島はそれをベースに勝負どころで力を残していられるという感じがしました。

 

個人的に今日目立ったのは鈴木(ポストや守備が素晴らしい上に運動量もあってゴールも取れる)、永木(インターセプト多く運動量もフィードもいい、2点目アシスト)ですね。

 

◼︎清水について

①金子は守備でも相変わらず効いていてゴールにも絡んだのであえて苦言。キープの時相手CBに後ろから簡単に奪われすぎですね。あそこでキープできないとチームが休めないので課題としてほしいです。

②試合運び

まず2点目取った後失点するのが早すぎました。あれは植田がすごいと言ってしまえばそれまでなんですが、もう少し犬飼は粘りたかったというのと、六反もちょっと中途半端なプレイでしたね。

また、2失点目もちょっとマークが付ききれてなくて(特に出し手の永木のところ)、あれはコーナー崩れのスローインからで、体力の問題も正直かなりあるとは思うのですが、声をかけるとか互いの危機察知能力を働かせるとかすれば簡単に防げる失点だったと思うので勿体無かったです。

さらに言うと、清水は失点してからつなぎがそれまで以上に雑になっていて、もっと後ろで頑張ってサポートしあって落ち着いて回せれば…と思いますね。

身体的な疲労ももちろんあったと思うのですが、それ以上に相手の圧と試合のテンポに押されて精神面で落ち着いてできずにプレイが雑になったように思います。

③犬飼はあと一歩早く動けていれば、後もう少し準備していれば、という感じですね。今日はいろいろと反省の日だったと思います。

④選手交代

1失点目まではあまり疲労関係なかったと思いますが、枝村と鎌田が両方消耗していたので、一枚早く代えたかったですね。枝村のところに野津田を回してフレイレを入れるというのも一つの策だったと思います。

 

(そういえば、大榎監督は鹿島や川崎に戦績が良かったですが、相手に回す技術があっても細かい守備にこだわらないと効かないんじゃ…と思ったり。)

 

◼︎まとめ

冷静に見るとやられたのは全部セットプレイで、展開が劇的だったのでアレですが、実は流れの中での決定機は清水の方が断然多かった(もっと言うとゲーム展開の割に流れからは相手に決定機をそこまで作らせなかった)と思うので、反省はしつつも自信を持っていいと思います。

反省点としては上に書いてきたた通り、ハイテンポなゲーム展開に慣れること、失点したあとにビビらないでつないで落ち着けること、90分のマネジメント、セットプレイの集中。次は1点目のようなラッキーはないと思いますが、逆に最初から運動量のコントロールを織り込んでつなぐところは丁寧につないで、また相手が勢いをもってやってきてもそれを食うぐらいのつもりでやってほしいです。

小林監督は試合前「しっかり回すこと」、前半終了時「セットプレイを簡単に与えないこと」を指摘していました。確かに鹿島の質は高く勝利に価するプレイで、個の力は反則級なものを感じました。しかしチームとしての戦い方の中には(選手交代を除くと)清水の方がむしろ勝っていた部分もあると思います。メンタリティも含め、これを経験として次に繋げてほしいです。

ということで次はダービー。心は熱く、頭は冷静に。J1でももっともっとやれるはず、と思っています。

第3節 vsアルビレックス新潟

◼︎前半

新潟は中盤で奪ったら松原の後ろのスペースにホニが流れてキープ→矢野や加藤が上がる時間を作ってクロス、という展開が多かったです。

ポゼッションにはあまりこだわらず、奪ったら早くという展開が目立ちました。

 

逆に清水は新潟よりもボランチがボール回しに積極的に加わり、SBを上げて地上戦で回すという狙いがはっきりしていました。特に右サイドで鎌田が高く上がり、六平と野津田のうち1枚が相手2トップの間に位置し、もう1枚はCBかボールサイドに寄ってビルドアップを助けるというシーンが多かったです。また、枝村が間で受けられるので、自然と右中心のボール回しが多かったです。六平は右サイドやCB、枝村はボランチをやっていた経験が生きている感じもしました。特に小泉の脇を使うシーンが多く、例えば鎌田が上がって相手の酒井がついた時に枝村が少し下がって受けると成岡と小泉の両方を動かすことができ、小泉がスライドすると原も合わせてスライドするので相手の守備を揺さぶることができます。逆に新潟のダブルボランチが前目からプレスするとFWが下りてきてスペースを使っていました。成岡はかなりしんどかったと思います。

一方で加藤は守備でもかなりタスクをこなしていて、松原に1対1をあまり作らせなかったのは彼の頑張りによると思います。清水の前半の攻撃は若干右偏重という感じでした。

なお、小林監督は30分少し前に「裏も!」と叫んでいましたが、グラウンダーが多く中央で潰されるシーンが多かったので、相手の意識の矢印を逆にしたかったのかもしれません。ただ回しもそれほど悪くなかったように見えました。その後は白崎が効果的に絡んで左からの崩しも入り、結果的にチャンスを二度ほど作りました。

 

ということで、両チームで一番対照的だったのは、CBが持っている時のボランチの位置取りだったと思います。新潟の方はビルドアップでボランチがあまり下りてこないので、清水が一度セットすると出しどころに若干困っているように見えました。基本的にはSBに渡していて、また単発で選手が下りてきてというのはありましたが、チームとして後ろからつなぐ際のパターンがまだあまり浸透していないんだと思います。(一番の狙いである中盤で引っ掛けた時のカウンターは速かったですが。)

また、サイドバックの位置も全体に清水の方が高かったと思います。

 

CKがバーを叩いたシーンについて。新潟サポの中では加藤の評価があまり高くないようですが、まず彼のCKの質は一級品で、ゲーム通して非常にいいボールを蹴っていました。上述の通り守備でも頑張っていました。次に矢野。彼はこのシーンはもちろん、新潟のサッカー全体のキーマンになっていて、地味ですが違いを作れる選手という印象でした。最後に六反。一回目のポスト直撃の時に倒れないボディーバランスが素晴らしいですね。あそこで簡単に倒れていたら失点につながったかもしれません。

 

全体的な印象としては、三浦監督が「我慢比べ」と言っていた通り互いのSHが攻守に運動量多くリスク管理をして、先制点がどちらに入るかによって流れが決まるような試合になりました。

 

◼︎後半

基本的には前半同様の流れだったと思います。上に書いた通りで、特に酒井が枝村を見るのか鎌田を見るのか、その間隙をついてテセ金子がスペースを使う、ということで新潟の左サイドの守備が若干やり辛そうにしていたと思います。

犬飼、白崎、野津田あたりのイージーミスでピンチは作られましたが(そして何度も書きますがそれが新潟の一番の狙いだったと思います)、基調としては運動量を清水が攻撃に、新潟が守備に使ったという展開だったと思います。

70分ぐらいからは両チームに疲れの見える選手が徐々に見え始めました。そのへんで小林監督が確か二見の一か八かなフィードに対して「上げなくていい(下で確実につなげという意味だと思います)」ということを言っていました。この時間、新潟はディフェンス時球際では頑張っていましたが、全体的にラインを押し上げる体力がおそらく不足していて(特にボランチが最終ラインに吸収されかけていてー小泉は終盤も涼しい顔で走っていましたが原は疲れも見えましたー)、エスパルスからするとセカンドボールを回収しやすい時間帯になっていました。球際に出ていく力も若干落ちていて、それはポゼッションにこだわった清水の副産物と言えるでしょう。先制点はその流れから生まれています。

右に行くと見せかけて中につけて(これにより酒井の意識が中に行く)、六平の素晴らしいスルーパス(前半の白崎へのパスやこの後の北川へのパスも惜しかったです)から枝村のクロスと完璧な形でした。

 

※ところで、前半枝村はサイドでフリーになってもクロスを上げず戻して回すというシーンが何回かあったと思います。前半は相手のプレスが早かったというのもありますが、穿った見方をすればこれは二重の意味で布石になったとも考えられます。一つには相手が中を絞る意識を強く持ったこと。もう一つには新潟のプレスや運動量を削ったことです。

 

新潟は終盤チアゴカリャルドを投入してやや下がり目の位置で起点ができ、形をつくりかけましたが、エスパルスは集中して守りきって松原の追加点につなげ(松原のスプリント…なぜオマエはそこで全力で上がるんだ…)、大きな勝ち点3を手にしました。

 

どちらかというと清水に甘め、新潟に辛めに書いてきましたが、新潟のプレイも個々には光るものがありました。矢野の判断力と体の強さ、小泉の驚異の運動量と球際の足の出し方(身長がない割に足がニュッと出てきます)思い切りのいいシュート判断、加藤の精度と守備の貢献、ホニの速さ。原もプロの中で普通にできていて、年齢を考えるとこのまま伸びたら末恐ろしい才能です。

攻撃では清水の方が上だったと思いますが、新潟はある程度それも織り込み済みで、清水がミスを突かれ、新潟のセットプレイやカウンターがあと少しうまくいっていたら、結果は逆になっていたと思います。

 

◼︎新潟についての補足

論点は2つ。

・山崎の生かし方は正しいのか

山崎はボールを持った時間帯にはそれなりにリズムをもって清水を崩しかけていましたが、見ている限りオンザボールで輝いていたように見えました。チーム全体が連携を作る途上にある前提はあるにせよ、新潟はボールを持つとまずホニを見るという戦い方で、それにより山崎の良さが若干相殺されている感じを持ちました。どちらかは引いてゲームを作るとか、一人は高い選手を置くとかした方が生きるということはあるかもしれません。

・チアゴガリャルドはスタメンから出すべきなのか

まず前提として、4-4-2はそもそも守備を固くするのが狙いのフォーメーションで、SHは守備ができないとボランチが死ぬので、今の戦い方なら加藤成岡を簡単に外すことはできないでしょう。特に加藤。SHが守備を頑張ってチームを助けているものの攻撃で輝けずサポから文句言われるのはどこのチームでも非常によくある現象だと思います(大森とか白◯とか…)。リスク覚悟で攻撃に舵を切るという考え方もありますが、自分だったらホニを外してそこにチアゴガリャルドを置くのが一番単純な解決法かなと思います。山崎を外して…という選択肢もありますが、何となくホニはスタートから使うより負けている時のSHのジョーカー的な使い方の方が合っているような気がします。

 

ちなみに、3つ前の記事でも触れた小泉ですが、守備と運動量は流石でしたね。一方で配給役としては課題も見えました。レオシルバはボール奪取もかなりすごいものの、一番ヤバかったのはキープの技術だと思っていて(パスはそこまで特別ではないと思うのですが)、そこが彼の次に目指すところでしょうね。

 

◼︎清水についての補足

野津田のボランチは概ね狙い通りでスムーズに回せたと思います。パスやシュート、攻守のポジショニングでも効いていました。さらに、地味ですが左足で持てるのはサイドのポジション(左サイドバックや逆足でシュートを狙う右サイドアタッカー)に限らず相手にとってはやりにくいものなんだろうなと見ていて感じました。

強いて言うと、(彼だけではないですが)つなぐことを目指す以上、上述の通りイージーミスは絶対に無くしてほしいです。あとホニにチギられた通りスピードはそこまでないですね。また走行量は多い選手だと思いますが、スタミナはまだ1試合同じ判断力をキープできるレベルではないように思いました。スピードは仕方ないので残り2つを磨いてほしいですね。特に守備重視の相手には戦力になると思います。

六平も相変わらず攻守にいいですね。ボールをいっぱい持てるとリズムができやすいんでしょう。技術もあり賢い選手だと思いますし、この2試合ではプロになってからの伸びも見せてくれていると思います。

最後に、角田のケガが重症でないことを祈るばかりです。

 

◼︎終わり

スカパーに入るか迷いながら書き始めて、書いているうちにどっちかに決まるかなと思ったんですけど決まりませんね…どうしよう…。

あ、新加入選手チアゴ・アウベスをどこで使うかは非常に注目ですね。負けている時のカード的な使い方はすぐ思いつきますが、スターターだとイメージできないんですよね。むしろ相手が今のチームに対策して苦戦する時がくると思うので、それに備えて後半戦で活躍してほしいんですが契約は短いみたいで…。果たして。

第2節 vsサンフレッチェ広島

祝初勝利!!

序盤の勝利は、チームやサポーターの自信になるので、本当に大きいと思います!!

 

◼︎前半

序盤。まず広島の森島が積極的で入りが良かった。常に己のポジションを動かしながらボランチの間や最終ラインで受けていいところに出していました。また、六平やフレイレが前に釣り出されたり、2シャドーが周囲の選手と連携してポジションをローテーションし清水の選手を動かしてその空いたスペースのフリーの選手にに入れたりということで、決定機には至りませんでしたが、中央でスペースを空けると怖いなという印象でした。

しかし、松原(スルーパス!!)→テセの決定機ぐらいから徐々に、守備でも相手を潰すシーンが増えていきました。基本的にセットしている時はあまり前から行きすぎず、ボランチもスペースを空けず、サイドバックは絞って、相手の楔を待って引っ掛ける。逆に金子が相手最終ラインに前から行った時には他の選手も連動して前からプレスをかける。いずれも相手選手を空けずに連動できていたので効果的だったと思います。もっとも、広島も怪我人や世代交代で前線のオートマティズムというかプレイの判断速度のチート感が若干なかったかもしれません。またバイタルの守備の緩さも若干気にはなりました。

攻撃では、やはり枝村が効いていました。準備が良くてボールホルダーが出しやすいところにいるということですね。「攻撃時」「非スプリント」で方向転換を何回したか測るデータがあれば枝村は絶対多いと思います。終盤はバテてましたが、年齡やスタミナだけでなく、あれだけ攻撃で動き直しして守備でも戻ってるからだと思います(前にも書いたかな?)。

 

◼︎後半

後半の前半に広島が攻撃の形を作れなかったこともあると思うのですが、清水は球際の勝負で上回って連続攻撃を仕掛けました。本当はPK以外で点を取らなければいけないところだと思いますが、押し込んだことが良い結果をもたらしましたね。

その後はチーム全体で守備意識を強く持って守り抜くことに成功。広島は中狙いよりもミキッチ推しでガンガンサイドを狙ってきましたが、何とか抑えて貴重な勝ち点3をゲットしました!!

 

◼︎雑感

今日のメンバーは「チーム」になっていて、個人の持ち味とポジションがマッチしていましたね。しっくりいっているように見えました。

まずは松原鎌田。広島のストロングポイントであるミキッチと清水に決定的な仕事をさせませんでした。(松原は1回スコーンと抜かれてて、そっから広島のミキッチ大作戦が始まりましたが…。)とはいえ、基本としては中に絞ってポジショニングし、工藤や相手シャドーを抑えてCBとの間を抜かれないようにすること、相手のサイドチェンジに合わせてスライドすることが大前提で、その上でサイドの個の強い選手を最後まで抑えられたので評価したいです。後半相手は明らかに右狙いになっていて、松原は大変だったと思いますし、言われているほどミキッチとのマッチアップで完勝だったわけでもないとは思います。ただサイド2人ともスピードやスタミナ、球際の粘りがあるので相手もやりにくかったのは事実でしょう。課題は攻撃での仕事ですかね。

そして白崎。白崎の基本ミッションは3つあって、①相手の後ろが持っている時は中央にいて前へのパスコースやスペースを消す(同時に切り替え時ボールをもらえる位置にいる)、②塩谷が持ったら距離を詰めて自由にさせない、③ミキッチが持ったらすかさず戻って松原との距離を詰め1対1を作らせないサポート。特に②と③の間は距離があり何度もスプリントをしなくてはいけないので、地味ですが非常に運動量を求められます。松原はかなり助けられたのではないでしょうか。また最終盤のボールを持ち上がってキープしたプレイは素晴らしかったですね。こちらも課題は攻撃での決定的な仕事でしょうね。いずれ、枝村が攻撃のMVP、金子が守備のMVPだとしたら彼が影のMVPですね。

金子。守備で効いているのはもちろんですごくすごく効いているんですが、彼の場合枝村に次ぐ攻撃時のボールの預けどころにもなっているんですよね。特に切り替え時、ポジショニングがいいと思います。課題としては、シュートや決定力をよく言われるんですが、後半終了間際サイドで抜け出してキープすべきところ、ボールを簡単に中にはたいてしまったのは若さゆえでしょうか。しかし運動量はヤバいです。1,5人分は働いています。

北川について。守備を言われていますが、一時期に比べるとだいぶパスコースを消すポジショニングはできるようになってきたと感じます。金子と比べられるのはかわいそうですね。あんなに1試合通じて運動量保って守備する選手そんなにいませんから。攻撃については、六平はスペースに落とすボールが、フレイレロングフィードがそれぞれ得意な選手なので、1回ぐらい裏抜けが見たかったですね。そのあたりはプレイ以前に味方との狙いの共有が大切かもしれませんね。

フレイレは攻撃時(というか遅攻ビルドアップ時)1人だけ若干ゲームに入れていないシーンがみえましたね。おそらく短いパスをポンポン繋いで餌を撒くみたいなプレイをまだわからないんでしょうね。ただ技術はありますしシュートも期待できます。まだまだ良くなりそうな気はしますね。ディフェンスでは常に相手のポジショニングに気を配っていますし、最終ラインに吸収されても安心感があります。

六平。自分は六平意外とメンタル弱いんじゃないか説を唱えていますが、スクランブルだったからなのか変に考えすぎず本能でプレイできていたように見え、また前節の攻撃がうまくいかなかったという課題もいい方に向いたかもしれませんね。シンプルなプレイを心がけていたみたいでしたがミスも目立たず良かったと思います。守備でもスペースを良く埋めていてパスカットで効いてましたし、相手後ろの選手がフリーで持つとアップダウンも多くして綺麗に出させませんでした。

 

長くなりましたが、ゴトビ時代から全試合見るようになった自分からすると(J開幕から応援はしてましたが)、小林監督はいままでで最高の「チームを機能させる」監督なんですよね。コメントもいちいちしっかり意味があるし判断にも合理的に思える理由があります。清水の戦力は圧倒的なものではないと思うのですが、結果が出ないと彼の指導力まで否定されるのが嫌だったので、まずは結果を出せたこと、そしてチームがメンバーそれぞれの特徴を出しつつ機能していることが嬉しいんですよね。今日の勝利はPKや青山の欠場はじめラッキーもあったもので大喜びはできないかもしれません。小林監督もいつかは悪い時期、退くべき時期も来るんでしょう。でも今はこのチームの成長を見届けたい気持ちですね。

 

◼︎まとめ

新潟はどんなチームか全然わからないんですが、今日勝ったからといって油断することなく、「守備時に集中を切らさない」ということを大切に戦ってほしいです。

第1節 vsヴィッセル神戸

残念!勝ちたかった!

 

とはいえ今年もサッカーの季節になりましたね。待ちましたよ楽しみに。

というわけでいつもと違い仕事の合間に慌ただしく見たのであまり細かく見れていません。特に神戸側がどうかをあまり見れていない状態なんですが、開幕戦のテンションそのままに更新しちゃいます。

 

◼︎ゲームの印象

最初に「勝ちたかった」と書きました。始まる前は「ヴィッセル強敵だし普通にやれば勝てるわけねえだろ」とか思ってました。(すいません)

ただ、始まってみるとヴィッセル側よりエスパルス側の方がコンディションが良さそうに見えたのと、相手もアウェーということでそれほどリスクをかけてこなかったので、両チームともネガティブトランジションを意識した硬いゲームになりました。失点もセットプレーから。

ということで、終わってみれば「もう少し積極的に行ければ…」という感想になるところが人間の不思議なところです(結果論)。

 

◼︎竹内の怪我

エスパルスとしては竹内の怪我は二重の意味で痛かったですね。

まず。左サイドのユニットがスムーズに連携できていなくて、お互いの距離が遠かった・単騎で展開しなきゃって場面が目立ちました。また、タッチ数・パススピード双方で速いパスが少なかったので、相手の前で回し、数的有利を作れない展開が多かったです。特に角田が展開役になってましたが他の選手の積極性ももう少し欲しかったかな。

次に。竹内の怪我→フレイレ河井のボランチ→サブに枝村→右は野津田と村田、ということで、ボランチの控えにしなければいけない枝村は、右SHで使うという選択肢が取りづらかったんでしょうね。

相手がブロックを固めていたので、小林監督としたら野津田と白崎が中に入ってサイドバックを押し出したかったんでしょう。特に前半は六平が空く展開を作れたと思うんですが、そこからスピードでなんとかできる選手ではないので、もう少しボランチかSHがサポートしてあげられればという感じでしたね。(後半は相手のサイド攻撃を怖がったのか、押し込まれる時間が長くなったからなのか、あまりそういう展開を作れませんでしたが。)また、中央に入れるに当たってSHがうまく受けられなかったり、また受けた後のプレイチョイスが悪かったりで今一つ脅威になれませんでしたね。

そういう意味で、どうしても枝村の右というのを夢想してしまいました。これはSHに限らずですが、どこで受けるか、どう味方を生かす(相手にとって嫌な)ポジショニングをするか、という部分ですね。

相手があまり攻めてこなかったこともあって、フレイレは良いところをあまり出せなかったかもしれません。彼に限らずですが、次戦では失敗しても諦めずもう少し積極的なプレイチョイスをしてほしいですね。

 

◼︎良かったところ

守備に関しては試合を壊すことなく全員で頑張ったと思います。相手があることなので競り合いで勝てない場面もそれなりにありましたが、2年前から比べて球際や寄せ、切り替え時のディフェンスなんかは明らかに成長したと思います。全体にレアンドロとニウトンはかなり意識して前を空けないようにしていたように見えました。

 

◼︎課題

セットプレイも確かに課題かもしれませんが、正直そこまで大きな差のあるゲームではなかったと思います。連携が合わないシーンが散見されたもお互い様って感じでした。ただし、1番両チームの差を感じたのは、ポジティブトランジションの場面ですね。

エスパルスが変な奪われ方をした時、神戸の前線の選手は素早くて厚いカウンターを仕掛けていて、その辺がイマイチ薄かったエスパルスと判断力や狙いの差を感じました。

 

◼︎まとめ

エスパルスはスピードやパワーで違いを出せる選手がそこまでいないので、次戦では「攻撃時の連携・サポート・良いポジショニング」「ダイレクトやワンツーなどの速い展開・リズムチェンジ」「リスクを犯してでも狙いを持った積極的なパス・裏狙い」をもっと見たいですね。

補強について

気がつくと随分間隔が空いて。

 

補強について。

ボランチ。竹内河井が初めて組んだ試合のエントリでも示唆した通り、今の二人では守備力が低くて怖いのは事実。ここが一番のポイントですね。

噂では、増田来てくれとか、チョンウヨン来てくれとか、ハングギョン来てくれとか言われていますが、この中だったら誰が来てもチーム力はアップすると思います。

なお、移籍金や契約を度外視すると、個人的な希望としては新潟の小泉慶なんか最高だと思いますね。絶対ハマると思います。

名古屋を退団という田口は、正直ボランチとしてはいらないですね。使うとしてもSHでしょう。

六平にはもう一皮むけてほしい。

 

次にSH。

白崎と枝村が絶対的レギュラーな感がありますが(シーズン当初は全然そうじゃなかったんですけどね)、替えがいないですね。特に白崎の替えは必須で、CBなんかより優先順位高いと思います。枝村はスタイル的にもコンディション的にもフルはきついし。熊本の清武なんかは最高なんですが千葉へ。

いずれ、来季も同じフォーメーションなら、守備力や運動量が必須だと思います。

もし石毛が仮に移籍するなら、補強してほしいです。大怪我しましたが石原直樹とかどうかなあ。デュークに期待か。むしろ大前をここで使うという手もある気はするが。

 

 

FW。

長谷川はサポの評価は低いみたいですが、コンディションを戻せば十分使えると思います。

北川の成長にも期待。守備時のポジショニングだけ改善してほしい(村田にも言えますが)。

またSH補強して白崎を最前線で使っても良いと思います。

 

CB。

ここも補強派が多いようですが、犬飼、三浦、角田でいいんじゃないでしょうか。下手に外国人とっても使えない気がします。

個人的には犬飼をかなり買っています(というかみんな褒めないですね…)。ヘッドも強いですが今季はあまり言われないもののパスが素晴らしい試合もありました。ただ波が激しいんですよね。集中を欠いたりミスを引きずって消極的になったりというのが課題ですね。

 

GK。

ここは誰か補強してほしいけど国内だともう多分いない。外国人を狙ってほしい気もするが…。枠的に無理なのか…。やっぱ植草かな。

 

基本的に前線はボランチの補強次第という気がしますね。

 

来年は手堅く補強して、再来年勝負という感じでもいい気がします。来年絶対に残るのが前提ですけど。

さあどうなるでしょう。

J2第39節 vs京都サンガF.C.

この試合はキーポイントが幾つもあり、色んな角度から見ることができそうな試合でした。

総括するとしたら、、、と考えましたが、「自信で上回ったゲーム」と言えるのではないでしょうか。

 

⬛︎前半

ビルドアップについて。

清水は左(竹内松原白崎)、京都は右(石櫃ロビーニョアンドレイ)中心の組み立て。

エスパルスは竹内が左サイドで落ち(攻撃時3バック)ぎみの時間が多く、松原と共にタッチの多い展開でした。枝村は攻撃時かなりポジションを自由にとっていて、ライン際の位置、FW的な立ち位置、逆サイド寄りの位置と、味方との関係、相手を引っ張ったり相手が付きづらい位置を取ったりと動いていました。どこにいても切り替わると自分のポジションに戻るので大変だと思います。

また、最近は困った時のテセへのロングフィードが減っているのも特徴で、特に序盤は相手マークから外れるためあえて貰いに下がるシーンも目立ちました。

角田は相手2トップを誘うような持ち方を序盤盛んにしていましたが、京都の2トップは無謀に追ってくることはせず、少し下がり目の位置で待ち構えていて、追い始める時はSHも連動できる距離感で、さすが失点の少ないチームだなという感じがしました。後ろの2ラインも綺麗に組織されていたと思います。その他に印象に残ったのはダニエルロビーニョが守備にしっかり戻って結構効いていたという点(それが怪我の遠因とも言えるかもしれませんが)。

 

サンガの大きな特徴としては、攻撃時の石櫃の強気な高いポジショニング。またはイヨンジェのポスト使い。右はグループで、左はスペースを空けて。ただ、遅攻はそれほど怖くはありませんでした。

前半の中頃、京都が流れの中で前からプレスをし出す(ラインも上がる)ようになり、またそれが何回かエスパルスのミスを誘ったことで、徐々に互いのギアが上がり始めます。中に絞った白崎枝村はじめ楔のところを出足速くつぶすところから速い攻めを繰り出していましたが、それが一番の清水の脅威になっていました。

清水は基本的にどこかで中に通すというのは変えず、相手のポジションが整わないうちに攻めきるか、フリーになった外に散らしてクロスかでチャンスを作っていました。しばらくは速攻合戦のような感じになりました。

 

エスクデロは、相手に付かれていると簡単に味方を使って、またフォローがないと自分でドリブルで、試合を通して、見るほどに別格のプレイ。決定機を逆算すると大体彼が絡んでいます。

 

⬛︎後半

序盤、清水は耐える時間が続きました。半分は意図的に守った、もう半分はセカンドを拾えずラインを上げられなかった、という感じでしょうか。

特に清水の左サイド、相手の右サイドで回されるシーンが多く。

なお、本田がアクシデントで河井に代わりましたが、監督の指示なのか守備時はエスクデロをかなり意識したプレイをしていたように見えました。

 

もう一つ。清水の2点目、相手がボールウォッチャーになったということが解説されていました。

まず、序盤の京都の最終ラインのボールへの反応は素晴らしいものがありました。しかし、清水は枝村と白崎を中心に相手がマークしづらいポジショニングをずっと続けていました。このシーンでもトライアングルの関係からグループで相手を少しづつずらして松原をフリーにしています。集中力の我慢比べで勝ったという意味合いがあったと思います。

逆に清水は際どいシーンで相手を完全に離したシーンが少なかったです。相手のやり方はこちらのやり方と似ていて、堀米が斜めに入ってきたり、右サイドで3〜4人が関わりトライアングルを作ってグループで崩してきたり、またこちら以上の武器としてエスクデロロビーニョ、堀米らがドリブルで仕掛けてきたりしましたが、相手を見てしっかりついていく、周りと受け渡したりチャレンジ&カバーで守ったり、多少遅れても制限する、最後まで体を投げ出す、という部分が見られました。シュートブロックの多さとか去年とは雲泥の違…(以下自粛)。

完全に離したのはラストのセットプレイで、そこが宿題ということになるでしょうか。

 

⬛︎京都

キロスが入ってからフォーメーションが変わったので、おさらい。まず序盤はこんな感じ。

 

 エスクデロ イヨンジェ

 堀米      ダニロビ

  吉野  アンドレイ

本多 高橋 菅沼 石櫃

     菅野

 

前半堀米とロビーニョが入れ替わったりしてましたが、基本は442で、山瀬や矢島も基本同じポジションに入っていました。

 

キロス投入後は5バック(というか京都からすれば本田と石櫃を上げて3バック)になって、

 

   キロス 矢島

 エスクデロ   山瀬

    アンドレイ

本多 高橋 吉野 菅沼 石櫃

 

って感じになりました。エスクデロと山瀬が2トップへのパワープレイ気味のボールのセカンドボールを狙い、最前線で数的優位を作ろうとしていたように見えました。

 

ポジションが変わってからの京都は、気落ちもあると思いますが、守備で中央が一気に弱くなって、アンドレイは運動量が落ち(イエローのシーンが象徴的)、山瀬やエスクデロがイマイチ守備で効いていませんでした。一方で、清水からしてもフルで出たテセ大前のフィルターがほぼなくなったこともあり、最前線まで運ばれると単純に数が足りず危ないシーンもありました。リスク覚悟で攻めてきたということになるでしょうか。

結果論で言うなら、4点リードした時点で、もう少し落ち着いて回しても良かったかもしれませんね。

 

⬛︎松原

テセへのアシストはやっとですね。大前へのアシストも、植草へのクロスも…。色々あった試合となりました。ゴール後のテセの喜びよう、チームメートの祝福の様子が印象的でした。

 

⬛︎その他

同じような戦いをしていて、一進一退だっただけに、角田のゴールは大きかったですね。

また、相変わらず、と言っていいと思いますが、決定機と関係ないところでの白崎の変態キープは凄いです。お金を払って観る価値のあるプレイだと思います。

さらに、京都の集中の欠如で語られていましたが3点目の起点となった枝村のパスは何気に変態パスですね。2点逃しましたけど。

そういえば、相変わらずシュートの枠内率は高いですね。ゴールにならなかったものの際どいシーンはいくつもありました。

 

⬛︎まとめ

褒めまくってきましたが、試合としては点差ほどの差がない試合で、強さとドリブルが目立った京都、グループと質で決めきった清水。サンガは守備が堅いだけでなく攻撃もバリエーションがあり、プレイオフで再戦することがあるとしたら簡単な試合にはならないと思います。

 

これから連戦になります。間隔が短い期間は上位が分ける・負けることが多い印象があり、これからの相手では岡山が質では抜けていると思いますが、個人的には讃岐のハードワークは若干嫌ですね。怪我で2枚使ったことでテセ大前がフルで出た影響も心配といえば心配。2人の有給のタイミングやキーパーの怪我の状況も気になります。

とはいえ、選手層では他に負けないはず。連戦で大変なのは松本も同じだと思うので、何とか差を詰めてほしいです。